以前にも少し触れさせていただいた、業務委託契約書についてですが、今まで私のオリジナルフォーマットで作ったものにサインいただいていましたが、この度正式な業務委託契約書を作りました。

こちら、ご親切な先輩ICさんがサロンメンバー限定で公開してくださっているフォーマットを完コピさせていただきましてwww
正式な契約書ができたわけで、身が引き締まる思いです。

さてこの経緯なのですが、昨年のお仕事の中で、お客様から数回「私とお客様が雇用関係にある、雇ってる」等お話されているのを聞きました。今まで言われたことが無かったことなので驚きました。

おそらくこの業務委託契約書を交わし、サービスの概要を正式にお話しすればいわれなかっただろうし、きっと私にキャリアがあって、もっと堂々と仕事していれば言われなかったと思います。

「労使関係」だと認識されることで、不協和音が生まれると感じたことも何度かありました。親切な建築家の恩師の先生が、「業務委託契約ですよね!」と教えてくれたことで、堅苦しいけれど契約書を交わす必要を感じました。

そもそも、インテリアコーディネーターの月給は私のフィーの2倍以上ありもっと多いわけですし、私のサービスについても、お打合せやプランを作る以外にもたくさん時間と労力がかかっている訳で、早朝や深夜に作業していることもある訳で。時給換算できるのか?と言うことで。

業務委託契約書にある成果物を提出することが、サービスの概要となっております。そして、その成果物を提供するためのサービス料が、フィーとなっています。つまり、無形サービスをご購入されたと言うことです。

そのあたりご理解よろしくお願します!